マドレボニータ東海TOMOS

Instagram @tokaitomos

マドレボニータ東海TOMOSとは

産前から産後まで、女性の心と体のための

エクササイズやセルフケアのプログラムを

日本各地に展開している

認定NPO法人 マドレボニータ』の

産後ケア教室の卒業生による有志団体です。

 

マドレボニータの活動に共感し、

応援したい!と愛知・岐阜・三重で、

妊娠中~産後の過ごし方の知識、

産後ケアの必要性

定着することを目指して活動しています。

 

「マドレボニータ」はスペイン語で「美しい母」の意。

活動内容

すべての家族に産後ケア』をテーマに、妊娠中・産後の女性と赤ちゃん・その家族の方のための各種イベント、交流会の企画、勉強会、産褥ヘルプなど…自分たちも楽しみながら、様々な活動を行っています。

 

 2021年オンライン講座・教室】

産前・産後のセルフケア

おうちでワークアウト 

◎5/11(火) 知っててよかった!産後のこころとからだの変化〜こんなはずじゃなかった!妊娠中と産後のギャップ〜

東海地方の教室案内

赤ちゃんと一緒に通える

産後女性の健やかな体と心をつくる

マドレボニータの産後ケア教室。

現在の、東海3県の教室はこちらです。

 

【産後ケア教室】

○愛知県

・植田教室 / 千種教室 / 西三河教室(担当:長野奈美)

・一宮・篭屋教室(担当:今川涼子)

○岐阜県

・岐阜教室(担当:山本)

・岩砂マタニティ教室(担当:山本)

○三重県

・桑名教室(担当:山本)

 

Blog

復職に家族みんなで備える時代なんだ【開催報告】復職準備セミナー

こんにちは!TOMOS三重のひーちゃん(会社員の傍ら、育休後アドバイザーしてマス)です。 

 

2021.2.14(日)に「復職準備セミナー」を開催しました! 

夫婦5組、母2名、託児っ子5名、3ヶ月の赤ちゃん1名にご参加をいただきました。 

私も参加したい!との声を受け、急遽2.21(日)にも開催し、母2名のご参加をいただきました。 

 

14日は、THEセミナーの形を取り、

総ページ28枚にも渡るパワポ資料(2歳児の育児の合間に一生懸命作りました汗)を30分くらい説明し、

ワークでは、40分くらいかけて平日のタイムスケジュールを考えていただきました。 

セミナーでは、私の悲喜こもごもな復職実話を交えて展開したため、

よりリアルにそれぞれの家族の復職イメージが描けたのではないかなぁと思っています(自画自賛でスミマセン)。 

例えば、平日の食事は、「作ることにこだわらない」として、

我が家は冷凍ストックした好物の人参おにぎりのみをチンするだけの晩もある、

スーパーの惣菜も立派な一品として、娘は●号館の唐揚げが大好きとか、

朝は食パン1枚を保育園に向かう車の中で食べている等、

「えっ」と思われるかもしれませんが、毎日のことなので頑張りすぎないで!

とのメッセージを受け取ってもらえてたら良いなぁ、と思いました。

 

その後のワークでは、タイムスケジュールをじっくり考えていただきました。

タイムスケジュール作りのポイントは、「夫婦で考えることに尽きる」なぁ、と感じました。 

開催後のアンケートでは、

・今回のような機会がないと、結果的に妻に押し付ける形が多くなるように感じた 

・夫に知識がないと妻に全て負担が向きがちだと思った 

とパートナーが書いてくださったのもあり、妻の復職に家族みんなで備える時代なんだ

とあらためて思いました。 

 

21日は、母2名のご参加だったので、

「時短の他に、時間外労働免除も選択できるけど、知ってる?」等、

資料の途中で参加者ご自身の会社の状況等を話してもらいながら進行しました。 

そうすると…出るわ出るわ、制度(ハード面)はあれど、利用させる人(ソフト面)が機能していない!ケース。

これは…社会問題だ、私たちは今まさにその渦中にいる、と痛感しました。 

 

2日間、全く異なる進め方となりましたが、どちらもアリで、

参加者と人数に応じて臨機応変に進行していけば良いのだ、と私の学びにも繋がりました(^^)

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました! 

 

次回は、期中に復職予定の方向けに、例えば6月頃にセミナーを開催できれば良いかなぁと思っています。

 

最後に、開催した感想です。 

復職に向けた準備って、会社側からは促されず、意外と本人に任されがちだけど、違うんじゃないかなぁ。

子ども抱えての復職が初めての本人には、未知の世界だもん。 

時短等の制度の詳細について予め本人に示してくれれば良いけど、

そうではない会社もあるならば、このセミナーで、自分から会社規程を調べて、

“自分(家族)に合う制度の利用方法を復職前に考えておこうよ”と伝えていくぞ! 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました★

 

以下、オススメの講座です。

続きを読む 0 コメント

【開催報告】知っててよかった産後のこころとからだの変化

こんにちは。

TOMOS三重のゆんちゃんです。

 

「知っててよかった産後のこころとからだの変化」の開催報告です

コロナ終息がみえず、今回も桑名市近郊の地域限定としたオンラインでの開催です。

以前から「産前産後の母親サロン」という名で行ってきたものを、もっと皆さんに知ってもらいたくて、内容をぱっと見でわかりやすい名称へ変更しました。

 

サロンには、産後3~4ヶ月、1年以降の方の産後女性5名(お住まいは桑名市:4名、弥冨市:1名)にご参加いただきました。

 

進行役は桑名市のスマイルスタジオ新西方で赤ちゃんと一緒に通える「産後ケア教室」を開催している、

ひろりんこと山本裕子インストラクター。

岐阜のご自宅からzoom開催

 

参加された皆さんの感想からご紹介!

*人の声を聞けて良かった

*産前参加したときは、「へぇー」と思ってたいたことが、産後改めて聞くと納得する部分が多い。

*産後横になっていたほうが良いって聞いていたけど、なぜそうなのかを具体的に知れたのは良かった

 

さて、具体的にどんな様子だったのか、書きますね。

 

9:45~開催ですが、9:30~接続できるよう、

zoom初めての方にも安心できるよう配慮されていますし、使い方レクチャーもします。

 

そして開始時間になると、まずは、10秒自己紹介

・お住まい

・お名前

・呼ばれたい名前

・産後ヶ月(妊娠中の方は妊娠ヶ月)

・参加した目的や意気込みを一言

を参加者の方の声を聞いていきます。10秒という短い時間で自身の情報を伝えるので、ここからすでに脳トレーニング。

 

次は、産後に役立つ肩こりのセルフケア。

産後セルフケアインストラクターならではの知識や丁寧な解説も踏まえて、

みんなで、右側から肩を前後に動かした後、ぐるぐると回します。

これだけで、全員右の肩が下がって、右腕が長くなるという!

右腕が伸びたわけではなく、普段の生活で縮まっていたものがもとに戻ったのです。

左側もやることで、左右同じ長さになりました。

首やデコルテラインもすっきり!

身体のラインをキレイに保てる一生モノのセルフケアを伝授いただきました。

寒い時期、自体発電で身体ポカポカ。とっても省エネ(笑)

 

次に、あらかじめ各自で用意してもらった、白い紙とペンを使った

good&newのワーク

24時間以内にあった、良かったことを10個書き出します。

そのうち1つのエピソードを使って、ペアになって自己紹介します。

どうやってペアに?と思いますが、

zoomのブレイクアウトルームという機能を使います。

進行役側で、ペアで対話できるお部屋を作るのです。ペアで自己紹介して時間になるとまた自動に全員のもとへと戻ります。

3分ずつという短い時間ですが、相手のことをすごくよく知れました。

 

少しずつみなさんの緊張もほぐれてくる中、

いよいよ産後の体について学んでいきます。

今回は全員産後の方だったため、自身の産後1ヵ月の頃を振り返ってお話しました。

妊娠期に参加していただき、産後にリピート受講していただいた方から、

「事前には聞いていたけれども、想像をはるかに超えて大変だった」と、お話してくれました。

産前にサロンで心構えできていても、それを簡単にうち砕いていくのが産後の現実。

けれど、その少しの心構えから生まれる心の余白があったから、つらい時期を乗り越えて最近赤ちゃんが笑うようになって楽しいです」と育児を楽しんでくれるまでに変化できたのではないのでしょうか

 

~変化に感動~

「妊娠期から知っている方が、出産を経て母になっている姿が、自分と重なる部分も多く、それにここまで関わりが多かった妊婦さんは初めてだったので彼女の変化に感動しました」そう話をしてくれた同メンバーえみちゃんの言葉に心が温まりました。

 

また、初ZOOMでの参加で緊張されたと思いますが、「人の声がきけてよかった」とお話していただき、画面越しではあるけど、言葉を交わすことで一緒に身も心も軽くなれたと思うとうれしい気持ちでいっぱいです。

 

次回は5月11日(火)です!

お申込みはこちら

続きを読む 0 コメント


◎ 活動メンバー